消費税アップ前マンション売却の意味があるのか

消費税アップの影響は?マンション売却を増税前と比較する意味は、前回消費税が上がったt時は駆け込み需要で購入する人が多くなりました。しかし売却の場合はどのようになるか分かりません。そこで消費に関係するものを調べてみますと、最初に土地の売買には消費税はかかりません。個人や事業者に関わらず消費税はかかりません。建物でも個人同士に売買には消費税はかかりません。不動産業者などと個人の売買は事業者同士の場合は消費税はかかります。消費税の影響のある費用は、マンション売買などで影響があるものは、不動産会社に支払う仲介手数料や登記の支払いを代行する司法書士に支払う報酬、住宅ローンを組んだ時に銀行などの金融機関や保証会社に支払う事務手数料があたります。消費税のアップが影響のない費用には、固定資産税、不動産免許税、不動産取得税といった税金と、地震保険火災保険の保険料があります。

マンションなどを購入する場合は、消費税が2%あがり不動産会社に支払う仲介手数料にも適用されます。前回の2014年に5%から8%に上がった時は値上がり前に駆け込み需要がありました。しかし消費税アップする前にマンションの売却に関しては前回のような影響があるか明確ではありません。マンションの売却に際しての所得税については買った時より高くなっている場合はその差額の所得税がかかります。しかしほとんどの場合、買った時より高くなることはないでしょう。また所得税の同じように住民税にも買った時より高くなっていれば差額に住民税がかかりますが、所得税と同様でこのようなケースはあまりないはずです。印紙税に関しては消費税が含まれた金額にかかるのか、消費税抜きの金額にかかるのか対象の商品によって決まります。そしてマンション売却の時に影響があるものは、仲介手数料と司法書士に支払う登記費用などがあたります。消費税が上がる前にマンションを売却する意味は、消費時の影響するものはあまりありません。しかし消費時が上る前に期待できるのは駆け込み需要によってマンションが高く売れる可能性が考えられます。

しかし重要なことは不動産売買で駆け込み需要を狙うだけでなく実績やノウハウを持つ心から信頼できる会社に仲介を依頼が基本となります。勢いで媒介契約を結んでしまい、いつまでたっても売れずに価格を下げない限り売れ残ってしまう場合もあり増税に間に合わなくなってしまう可能性が出てきてしまいます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です