マンションの売却方法をわかりやすいイラストで解説

不動産売却には4つの選択肢がある!どの方法が高く売れる?

マンションの売却するには、4つの選択肢があります。イラストでの説明を元に、その特徴を知ることで、最も得する売却が可能となります。マンションの売却方法はイラストでの説明のとおり、仲介・買取・オークション・個人売買があります。仲介と買取は一般的に普及している方法です。オークションはインターネットの普及と共に提供された新しい方法です。この方法により、マンションを高値で売却することも可能ですが、場合によっては希望価格を下回る価格で落札されることもあります。個人売買は自分で買い手を見つける方法です。仲介手数料がかからずに取引ができますが、契約書の準備や代金の回収など、専門的な知識が必要となる場面も想定す必要があります。

マンションの売却で元も普通に行われているのが仲介です。専門の不動産会社が間に入り、買い手を探してくれます。探す方法は折り込み広告や雑誌への掲載、インターネット上での広告掲載の他、不動産流通ネットワークの活用により、広く物件の情報を公開することも試みられます。仲介では不動産会社の力量により、売買価格に差が出る場合があります。買い手に高く買ってもらう戦略の有無が、価格を決定します。仲介の場合の不動産会社選びは、査定価格に基づいてなされるのが一般的です。しかし、査定価格よりも安値で取引されるのが一般的です。

買取は不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。買取は全ての不動産会社が担当しているわけではなく、資金力のある会社だけが行っています。販売活動は行われないので、隣近所に知られることなく、売却が可能です。現金化も早く、時間のない方に適した方法です。価格は相場の売買価格よりも、安値で取引されます。売却予定の敷地に既存の建物が建っていたとしても、そのままでの売却も可能です。

マンションの売却は、内覧での印象の良し悪しが、成否を分けます。事前にリフォームが必要となるかどうかは、担当の不動産会社と相談してみる必要があります。最近はインターネットの普及により、インターネット上で物件を見定める動きも活発化しています。しかし、インターネット上はあくまでもバーチャルな世界です。不動産物件の真の価値は、その物件を実際の目で見なければ、わかりません。マンションの売買では、自分の所有している不動産の性質を知り、適した売却方法を選ぶことが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です