インテリア次第で変わる売却マンションの価値

“マンションは単に広さで売るのではなく、インテリアを含めた全体の価値で売却します。マンションはインテリアの良し悪しにより、評価が異なる場合があります。センスの良い仲介者によって、インテリアに価値を持たせた売却が可能となります。マンションのインテリアをどうするかを含めて依頼できる方法として、媒介契約の基本を知ることは効果的です。

?媒介契約の基本!専任媒介の良い点・悪い点をチェックしてみた

不動産の売却においては、仲介者との間で、媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。複数の仲介者に売却を依頼する場合は、一般媒介契約を結ぶ必要があります。一般媒介契約は、依頼者にとっては、複数の業者に売却を依頼できるメリットがあります。不動産業者にとっては、他の業者との競合が予想される契約方式です。専任媒介契約は、仲介する不動産業者を特定するものです。依頼者は、他の不動産業者に、同時に売却を依頼することができません。不動産業者にとっては、競合の危険性がないために、インテリアの価値を高めた上での売却など、腰を落ち着けた売却が可能となります。

専任媒介契約における不動産業者の義務

専任媒介契約は、不動産業者に一定の義務を課します。専任媒介契約が結ばれた場合は、不動産業者は販売活動の状況を一定の期間ごとに依頼者に報告しなければなりません。また、一定の期間以内に不動産流通ネットワークへの物件の登録が義務付けられます。このことにより、専任媒介契約が締結された場合の不動産業者は、売却に関して一般媒介契約異常の責任を負うことになります。依頼者は、契約期間は他の業者に仲介を依頼できず、契約を結んだ業者に売却を託すことになります。専属専任媒介契約を結んだ場合は、依頼者は自ら買い手を探すことができなくなり、売却は全面的に不動産業者に任せることになります。

物件に深く関わることのできる専任媒介契約

一般媒介契約だけを結んだ業者は、物件に深く関わるかたちでの仲介は事実上できません。インテリアを含めた価値の創造など、物件に深く関わるかたちの仲介を行うためには、専任媒介契約或は、専属専任媒介契約の締結が必要です。仲介業者を一つに絞ることにより、物件に付加価値をつけるなどした売却の提案を受けることができます。依頼者にとっても仲介業者を一つに絞ることにより、なんでも相談できる体制が整うことになります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です