資格のある人に不動産の税金を任せるメリット

不動産投資をしたり取引を行ったりするときには種々の税金が発生します。購入するタイミングも運用するときも売却する場合にも発生するのが税金であり、正しく納められるようにすることが大切です。しかし、単純に国や都道府県などから請求されて払えば良いというだけであれば簡単ですが、自分で税額を計算して確定申告をしなければならないこともよくあります。また、請求が行われたとしても払い過ぎになっていて還付を受けられる場合もあるでしょう。そのようなときに自分でしっかりとした知識を持っていないと税金の未納になってしまったり、過払いになったりしてしまうリスクがあります。

心配があるときには資格のある人に不動産関係の税金を任せてしまうのが得策です。購入や売却を行うときには司法書士や税理士に相談すればよく、不動産投資をしているときにも税理士を頼れば正しく帳簿を作成して確定申告を行うことができます。このような資格のある人に相談するメリットは徹底的な節税を行えることです。購入や売却の際に発生する税金には特例が適用できるものが多く、控除をすることや軽減税率を適用できて大幅に税額を下げられることは少なくありません。しかし、素人目にはどの特例が適用できるのかがわからないことはよくあります。また、仕訳の仕方によって税額が大きく変わるのは不動産投資を行っているときには切実な問題でしょう。このような問題を解決できるのが有資格者への相談のメリットです。

居住用に使用してきた物件を売却するというときには別の角度から資格があることを重視するのが大切です。別荘を売却するというときのように不動産の買い手が簡単には見つからないような物件もあります。別荘を売却する前に覚えておこう!知って得する4つのポイントという話からもわかるように、売れるかどうかに不動産業者の手腕が大きな影響を及ぼすのが特徴です。売り方によって売却価格も変動し、それに応じて納めなければならない税金も変わります。特に譲渡所得税について計算してみると少し安く売った方が控除によって納税の必要がなくなり、トータルとして見ると得をするケースもあるでしょう。そのような考え方で売却価格をアドバイスしてくれるのは不動産関係に強い税理士でなければできません。